· 

久々に"ブレインダンプ"

近況報告ってことで…

今のスタンスで活動するようになって早2ヶ月が過ぎ、まだまだ仕事や収入の安定には程遠いですが、特にここ1ヶ月、新しいご縁や以前からのお付き合いが目まぐるしく動き始めた気がしてます。

 

…ということで

 

一回頭ん中をぶっちゃけてみようかと。

 


ひさびさの“やや鬱状態”

昨年11月から年末まで、かなりの不安やストレス、先行き不透明な毎日の中で、いろんな状況下で最良の手立てを見つけ出すため、毎日毎日昼夜問わず踠き苦しんでいました。

 

心を鎮めようと毎日家事に明け暮れ、家族のサポートで心のバランスを整えていたように覚えています。

 

無念、憤り、葛藤、邪念、強欲、どちらかというとネガティブなマイナス思考に引っ張られる毎日でした。

 

過去にも何度もこういう苦難や苦境を経験したのですが…

 

自分史上最低最悪に凹んでいたと思います。

 

もうね、なんでしょ?

 

その時期の私の顔は、時には屍(しかばね)、時には鬼の形相だったと思います。

 

今振り返っても悍ましい程の顔つきだったんじゃないでしょうか。

 

家族にも心配をかけました。

 

特にオカンからは毎日ほど労われました。

 

「もう3つのガキじゃないんやから、自分でなんとかするでほっといてくれ!」

 

って強がって怒鳴ったこともありました。

(かーちゃん、ごめんよ…)

 

ホントは狂いそうなぐらい苦しかったんですけどね。

 

奥様はいつもと変わらず接してくれました。

 (いや、いつもより優しかったかな?)

 

子供らも平常を装ってくれてましたが、心配かけていたと思います。

 


“徹の訓戒”

私は自らの傲りで過去に一度、家庭を壊したことがあります。

 

その時、家族にも大きな心の傷を負わせました。

 

その時誓いました。

 

家庭優先。仕事は二の次と。

 

でも、いつも求められるところへと誘われていくんです。

 

仕事や活動のお手伝いや協力要請がかかりやすくてね。

 

(そんなできるやつじゃないのに…(∀ ̄;) )

 

たぶん、お人好しの八方美人だったんでしょう。

 

もうえー加減に学びましたよ、やっとね。

 

誰かが作り上げた環境下で動くと、自分が失くなってしまうってね。

 

もちろん、この世で生きていくには、誰かの世話にもならなきゃいけないし、誰かに迷惑をかけることもたくさんあるわけで。

 

また、誰かに迷惑をかけられることも、誰かのお世話をしなきゃいけない時もあります。

 

そんな中で、肝心の自分を見失ってしまったのは、誰のせいでもなく、自分のせいだったんです。

 

いつぞやある方から、初対面にも関わらずこう言われました。

 

「自分、もっと前に出なあかん」

 

正直この言葉は意外でした。

 

こう言われるまで、私は裏方でいい、誰かのアシストの方が性に合っているって思い込んでいたんです。

 

そこから少しずつ自分の足元を見つめる日々が始まりました。

 

確かにまだまだ支えていかなきゃいけない人もいますが、もっと自分を大事にしなきゃいけないと思えるようになりました。

 

いつも事あるごとに奥様は私に

 

「私らのことはいいから、自分で決めたらいい」

 

って言ってくれます。

 

そうはいうても…

 

って言い訳こいてましたが、決めてるようでどっか逃げていたんですよね、本当の自分から。

 

人のことばーっかり先にし過ぎて、いつしか自分らしさを封印していたんだと思います。

 

信念はブレていません。

 

家庭優先。仕事は二の次。

 

けど、自分の命は自分のものだし、この人生は一度きりだし。

 


再始動の時

去年の大晦日、年越し参りに一人で近所の氏神様へ参拝に行きました。

 

篝火を見つめながら考えました。

 

年が明け、2019年元旦。凍えながら帰宅w

 

そのままいつものデスクにつき…

 

「WEBサイト立ち上げよ!」

 

ってファ〜っと勢いで作ってしまいましたw

 

何が起きるか…

何も起こらないか…

とにかく確かめたくて。

 

そしたら、日が経つにつれしっかりと意識し始めたのが

 

WEB屋稼業再開

 

でした。

 

とりあえず次へ進む

止まってても仕方がない

 

と凹んだ気持ちを奮い立たせて、動きの中から活路を見出して進んできました。

 

そのきっかけというか、決意というかが、今ご覧いただいているこのサイト「Rise Guitar Works」です。

 

当初はとりあえず、趣味と音楽活動を広げていく目的のサイトでした。

 

いざサイトを回してみて…

 

ん?

 

それだけじゃない…

 

何か足らない…

 

って。

 

久しぶりです、ワクワクしてきたんですよね。

 

嗚呼、やっぱこういうの根っから好きなんだな、俺って。

 

「やれること」ではなく「やりたいこと」だとはっきり認識できました。

 

一度は足を洗ったWEB屋稼業で

 

もう一度、土俵に上がってみようって。

 

でも、いまさら横綱なんて目指しちゃいないわけで、むしろドサ廻りの相撲巡業的な感覚です。

 

身丈を超えるような仕事の取り方は、今の信念にも反することになりますし、なんでもこい!のフルスクラッチではなく

 

Jimdo一択でクライアント様と作り上げていくWEB屋

 

これが今回再起した唯一のコンセプトです。

 

昔もこうしたかったはずなんですが、いつの間にか経営者の立場でスタッフの生活のことも背負い込んで、身丈を超えて突っ走りすぎた挙句、自らの家族もぶっ壊してしまったわけで…

 

あれから約10年、IT業界の情勢も激変しましたが、私は私にしかできない泥臭いWEB屋稼業をもう一度やり直したいと考えます。

 

そして、個人の楽しみ(音楽活動)も忘れずに、家族との幸せも大切に。

 

今ならなんかできそうに感じています。

 

ってか、絶対そうしますwww

 

30代の若い頃に安定・安パイを選んでいたら、実家の商売の跡を継いでいたら、たぶんこんな生き方にはなっていなかったでしょう。

 

で、不思議と今の生き方のチョイスしたことに後悔はないんです。

 

逆に安定した生き方をしていくほうが、私には難しいとすら思っています。

 

これがたぶん生まれ持った宿命なのでしょう。


“ご縁”の連鎖

そんな中、四日市市PTA連絡協議会の次年度(気がつけば新元号最初の⁈)会長という大役のお話も仰せつかり…

 

あの〜

本年度の本部役員の皆様、思い直すなら今ですよ〜⁈

(;;;;;°∇°)w

 

また、非営利団体の活動の中で学ばせていただいている身でありながら、新規事業としてうちのWEB制作代行プランを推進していただける話が浮上したり… 

 

3月7日に久々に人前でプレゼンさせていただきます!(;;;;;°∇°)w

 

同じタイミングで別のコミュニティーで拡販してくださる代理店さんも見つかったり…

 

「WEB屋稼業再開するの待ってた」って旧友も連絡してきたり…

 

ここ暫くご縁が遠のいていた方々から、お店や事業を盛り上げるお手伝い(企画・運営サポート)の要請をいただいたり…

 

まだまだこんなに必要としてもらえるところがあったことが、本当に嬉しく、心からありがたく思います。

 

しかーし!

 

普通に考えて今の「月々割プラン」はマンパワー的に…

 

MAX30件で飽和状態になるのが必至(;;;;;°∇°)

 

31件目からのことも視野に入れて、次のことも対策を練らねばならない状況が見えてきました(´・ω・`;A)w

 

SNS全盛の今、今一度身丈にあった、私しかできないやり方で、WEBの有用性や情報発信・マーケティングの面白さをご提案していけたらと思います。