· 

覚え書き(恩師からの言葉)

私には過去に何人かの恩師と呼べる、尊敬するべき人物との出会いがありました。

 

ご縁をいただき出会えた数々の恩師の皆様。

 

そして、1人のご縁がなくなり、また次のご縁を紡いで今日まできました。

 

近頃、最も影響を受けている恩師と、今朝はお電話させていただく機会があり、また多くの気づきをいただきました。

 

しっかりと心に刻むために、ここに覚え書きとして残しておきたいと思います。


己を知る

私はどうもお人好しすぎるところがあり、昔からなかなかお金儲けが下手でした。

 

報酬以上にいろいろ尽くすことはいいことだ!

 

相手に喜んでいただけることは、私の喜びだ!

 

となかなか思った成果に届かず、苦しい思いもしていたり…

 

師匠はいつも言います。

 

「まずはあなたが儲けなさい。善行はその後。」

 

私の今、主たる生業はWEB制作・コンサルティングです。

 

それに関わるスキルや経験値は、当然責任を持って遂行できます。

 

しかし、そこだけで終わっていました。

 

今自分から見えているビジョンに、それ以上の提案が薄かったんです。

 

100%の成果は当たり前、+20%が見いだせていませんでした。

 

+20%が認めてもらえれば、いずれ200%だって実現可能だと。

 

しかし、次々と問題や事故・トラブルなども起こってきます。

 

予期せぬ事態で対応が遅れがちになったり…

 

仕事以外にもプライベートや地域とのつながりの中で、やりたいこと・やらなきゃならないことの両立も効率・能率も、もっときちんと整理する時間を取らねばならないと。

 

ガツーンと頭の中で強い衝撃が走りました。

 

現在、生業以外に取り組んでいる様々な活動や勉強で得たものを、関わっているクライアント様とも、うまく結びつけることができていませんでした。

 

今繋がっているご縁に対して、もっと有効な提案ができるはずのに、できていませんでした。

 


魔が差す

その直後、張り詰めていたものがバツン!と音を立てて切れるのを感じました。

 

この一言で…

 

「往々にして、勢いがついて走り始めた時、起こりうる【魔が差す】にはまっているだけ。」

 

久しぶりに涙が溢れました…

 

50手前のオッサンが、電話口でボロボロと泣いてしまいました…

 

初動で勢いがついた分、プライベートや取り巻く環境の中、目立てばそれに反する障害などを引き寄せてしまったということ。

 

過去にも何度かありました。日々の雑踏の中でそんなことも忘れかけてました。

 

オカルトチックな話は嫌う人もいると思いますが、私は信じる派。

 

もちろん起因するところは私自身にあります。

 

驕り過ぎてました、これは事実です。


意識の入れ替え

自分の持てる力・資質・人間性をフルに活性化するために、今一度しっかりと自分と向き合う必要があります。

 

こんなところで立ち止まっているヒマはないので。

 

世間に見つけてもらわなければ、認めてもらわなければ、どんないい提案もアイデアも受け入れてもらません。

 

もっと考えて行動します。


他力を借りる

恩師はいつも気にかけてくださり、ふと閃くと突然お電話を下さったりします。

 

私のビジネスの発展を、いつも私以上に按じてくださいます。

 

私にはまだ見えていない、私の可能性をいつも気づかせてくださいます。

 

ホント、有難いの一言に尽きます。

 

これまでもその時のご縁の中で、お力を借りて今日の自分にまでたどり着かせていただきました。

 

けして自分一人の力じゃ、こんな自分にまで変化することなどなかったです。


思考を柔軟に

どうしても考え方の癖や習性・生い立ちなどが深く根付き、ハマりがちな思考を柔らかくする。

 

日頃、意識しても一人で維持するのはすごく大変で…

 

こうして時々指摘してもらったり、アドバイスをもらえるありがたさ。

 

思考を視覚化すべく書き出したり、何度も確認する癖を更につけていかないと、楽な方に流れがちな自分…

 

自分チェックの時間、大事ですね。

 

今回もたくさんの気づきをいただきました。

 

お師匠様、ありがとうございました!