· 

正念場

このところ、周囲の状況が目紛しく変化し、心と体のバランスを崩しがちな毎日です。

 

公私ともに考えなければならないことが山積み、求められていることも次から次へと増え…。

 

こういう時、やはり精神力・心の安定って物凄く大事だと思ってます。


これまで、あまり熟考して判断したことがなく、むしろそういう時に決断したことでうまくいった試しがなく…

 

考えすぎると大体うまくいかない。

 

今、いい状態ではないのかもしれません…。

 

直感で、これはいい!って取り入れてきたことは、たいていうまくいったし、仮にダメになったとしても割と諦めがすぐついた。

 

だから、考え込んだ時は本来の自分では良くない状態なはずなんです。


近頃は新しい出会いからの関わりも増え、特にお仕事を頂く方とのご縁は急増中でして。

 

もちろんそういうご縁が必要だから、今の行動も結果も必然なのですがね。

 

ここ10年くらいは、親しい人とごく限られたコミュニティーを中心に生きてきた自分が、外へ外へと繋がりを広げていく生き方にシフトしたのも今年の初めからで。

 

徐々に慣れてきたつもりでしたが、もともと群れることがあまり得意ではなかったのにと、最近ふと思うことがあって。

 

本質的な自分と、環境での役割を担う自分、そして携わる組織で自分に求められる事、照らし合わせるとどうもチグハグになってるんじゃないかって。

 

やりたいことだけやってりゃ幸せかって、それも違う。

 

世の中渡っていくには、そんな生温いもんじゃない。

 

むしろ、仕事でも私生活でも、人から求められたことに応えて、ありがとうを言ってもらえた時の充実感は心地いい。

 

音楽の活動をやってても、自分が気持ちいいことをやってる時より、誰かが喜んでくれるかも?って考えて、曲などをセレクトしてハマった時はそれはそれで心地いい。


全てにおいて調子の良かった時、一番近い存在、奥さんに私のことを「天真爛漫」と言われたことがある。

 

本質的な自分は、多分そうなんだと思う。

 

自分ではあまりわからない部分、一番近い人が言うんだから、間違いではないだろう。

 

けど、そんないつも鋼のメンタルを持ち合わせているわけでもないんですよね…

 

所詮私もただの人…

 

割と脆い…(இдஇ; )

 


こういう時、一番支えてほしい人も、今生涯で最大級の壁に向かって乗り越えようとチャレンジしている最中。

 

一生懸命に今の自分を乗り越えようとして、弱い自分と向き合ってもがき苦しんで、堕ちては迷走しながら、フラフラになりながらでも一歩ずつ進化し続けている。

 

今は私のことも眼中にすらもないのかもと思うと、さりげなく、当たらず障らず、見守ることがまずこの人のためなのかもと思うわけで…。

 

そんな中、自分から甘えることも負担になるだろうし…

 

と思うと…易々と甘えちゃいられない。

 


もう一人の信頼する方から言われた言葉…

 

「いまだかつてないチャレンジだから、とても大変だと思う。普通じゃない頑張りの先に、普通じゃない成功が待っているんだと思う」

 

たぶんここが私にとっても、過去最大級の正念場なのかもしれない…

 

去年の暮れ、急転直下な状況で立ち止まり、先が見えなくなった時からジリジリと進んで見出した今の活動・仕事。

 

あれから一つずつを選んできた結果、今起きている全ての出来事を、まずはきちんと「有難い」と受け止めないといけないですね。

 

今年の終わりにはこの状況が更に好転しているよう、年始に掲げた今年の意気込みをもう一度思い出して…

 

そして、再婚した時から掲げた目標、50歳の自分が公私ともに満たされた人生になっているように、たぶんここをまず乗り越えないと…

 

大切な人を支えるためにも、自分が踏ん張るためにも、己の心と体の安定を、今一度意識します。