· 

真面目にツラツラと…

久しぶりにちょっと真面目に書きたくなったので、ツラツラと書いてみます。

 

お時間のある方は最後まで読んでみてください。結構長くなるので、お時間の許す限りで…(´・ω・`;A)w

 

今更ながら、私一人で今の自分になれたわけでなく、多くの方々の恩恵に肖りながら"生かされてきた"わけですが、ここから先さらなる高みに登りたくて、今日も自分自身と向き合っています。

 

暇さえあればこんなこと考えてますw

側から見たら、やっぱ変なやつかもしれませんね…(´・ω・`;A)


たくさんの"朱に交わる"

最近お世話になっているコミュニティーが複数あり、それぞれに自分とは異なる価値観・立場・環境の中で生きていらっしゃる方達と触れ合うことで、多くの気づきやチャンスをいただいています。

 

人は余程の覚悟がなければ、ひとりで自分を変えるのは難しい。

 

本質的に自分は根性なしで、過去の自分はなかなか覚悟・決断に時間がかかるタイプでしたw



価値観の更新

ー誰かの影響を受けることで価値観の更新は飛躍的に加速するー

 

これを解らせてくれた恩師がいました。

 

とにかく時間を共にしなさいと、今は解らなくていいから過ごす時間をたくさん取りなさいと。

 

恩師を信じて何も解らぬままに過ごさせていただく中で、いくつもの失敗や失態、挑戦・挫折を繰り返し、少し前の自分と違う自分になりつつあるのを実感。

 

こうして人は変われるんだと学びました。

 

それが故に、影響を受ける人の質・人間性が重要であり、まずこちらが見極める目が必要になるわけですね。

 

当然、間違った価値観や必要のないものに影響を受ければ、遠回りや良からぬ方へと流れていってしまうわけですから。



流れを意識する

水は長い間同じ場所で止まると次第に腐りだす。

 

なので、常に"流れ"を意識しなければならない。

 

いつか大海に通ずる良い流れに乗れるように。

 

いつでもその"流れ"に乗れるように準備を怠らない。

 

「溜め池」に例える流れや循環の少ないコミュニティーで、いつもと同じ水の中にいると、いろんなことに慣れてしまい、場当たり的にこなせてしまったり…。

 

成長・進化が止まってしまう。

 

止まっていることにも気づかない。

 

もっと悪いのは、周囲への感謝をも当たり前になり、お陰さまの気持ちまで忘れてしまう。



自ら"流れ"を作り出す

新しい流れを得るために、全てを切り捨てる必要はないが、悪しき慣習や体制、環境の見直しは必須。

 

同時に自分の意識チェックを忘れちゃいけない気がします。

 

自分より優れた考えや意識の高い人たちが生み出した流れに肖る事も重要ですが、時には自ら流れを作ることも大事。

 

私は今、参加させていただいているそれぞれのコミュニティー同士を繋ぐ流れ(循環)を作り出すことを意識し始めました。

 

いわゆる「Hub」ってやつです( ´∀`)

 

「中核・中枢」という意味らしいですが、そんな大それたことではなく、パイプ役?みたいな意味合いでね。

 

お互いの溜め水は、水質も温度も得るものが違うし、そこで生きている生物は種類はもちろん、年齢や性別も違う。

 

いずれかの溜め池の堰を切る役目になれないかと考え始めたんです。

 

闇雲に籍を切るのではなく、下流の先にある大海を見据えて。

 

大海にはまだ程遠い距離にある、それぞれの溜め池をつなぎ、それぞれが合わさって大きな湖レベルになれば、いずれ大海と繋がることができるのではないかと。

 

どこかの溜め池が下流となり、堰が切れるその時、この考えが初めて発動する気がしています。



初めてのDAW講座 フライヤー
初めてのDAW講座 フライヤー

大海を知る

自ら作り出した流れとして、ここ最近では「初めてのDAW講座」もそうです。

 

発端は私の音楽活動におけるスキルアップにと、講師を勤めてくださる平田さんがレクチャーしてくださったことが始まり。

 

今感じていることは、実は第1回を終えてから見えてきたことで、平田氏の展開する講座を受けて初めて感じました。

 

この講座に集いし人たちは、それぞれ違う溜め池、あるいはどこにも属していない人たちと、大海で生きている方(平田みずほ氏)を繋ぐ役目も担っています。

 

ここが新たな溜め池になることはありますが、大海を知る平田氏が入れば、ただの溜め池で終わることはありません。

 

私は必ずこの中の誰かも、次に大海を目指す人になると予感しています。

 

それだけの可能性を秘めたことなのだと、第1回を終え感じました。

 

先述した

 

ー誰かの影響を受けることで価値観の更新は飛躍的に加速するー

 

これが始まるからです。

 

平田氏のチャンネルと同調する方が現れた時、必ず発動するからです。


第2回「初めてのDAW講座」

2019.6月1日(土)18:30〜21:00

会場:「Rise Guitar Works」工房にて

住所:三重県四日市市山之一色町117-4

受講料:1コマ(約90分予定) 5,000円/人

 

お申し込みはFacebookイベントページから

https://www.facebook.com/events/578218749339706/

 

もしくは、090-2267-7391(服部)までご連絡ください。



札場町音楽ろまん譚

ご予約・お取り置き、絶賛受付中です!

 

お問い合わせ

090-2267-7391(服部)

「札場町音楽ろまん譚」もそのひとつ。

 

中川商事というアーティストと知り合い「珈琲屋 夢(ろまん)」に彼を連れて行き、浮かび上がったこの企画。

 

楽しいことをしたいね!って欲がお互いに交わり、中川氏から提案してもらって発動しました。

 

自分一人でグルグル考えていた時には浮かばなかったアイデアが、違う意識と交わった時にいとも簡単に出てきました。

 

毎回ホストとして、私と中川氏が1組ずつ推薦し合い、4組で開催するアコースティックライブイベント。

 

骨格が決まれば次々にアイデアが出てきて、当日までにきてくださった方だけが味わえるある特別企画も只今進行中です。

 

中川氏も一線級のパフォーマンスができるアーティスト。

 

これは知り合ってはじめて観に行ったライブのステージングを観て確かに感じました。

 

私がこれからお勧めする方々は、主にこれからもっと人前に出て経験を積んで、中川氏と科学反応を起こして欲しい人を中心に選出していきたいと考えています。

 

もちろん経験を積むという意味では、私も含まれていますが…

(´・ω・`;A)w



雲みたいな生き方

いつだったか、ある方から私のことを「雲のようなオトコ」と言われたことがあります。確かにそうかもです。

 

最初は親や家族に守られ、無風の中穏やかに佇んでいたわけですが、その景色をこれからも見続けていくのは何かが違う気がして…

 

そう感じていながらも、周りの誰かのせいにして、何も動けなかった20代。

 

でもそれは流れを待っていただけで、誰かが流れを作ってくれるのを待っていただけだと気付いた30代。

 

トライ&エラーを繰り返し、掴み取った大いなる流れに身震いしながら一時期絶頂期を迎えた40代前半。

 

この転機を境に、一回過去の自分を葬り去るような出来事を経て、一箇所に留まらず、ふわふわ漂っているような生き方を選んできました。

 

ただただ流れるのではなく、意志を持って流れる雲であり続けたいと。

 

時には欲に負け、自らに甘え驕り、乗っちゃいけない気流に乗っかり、どハマったこともありました。

 

雲みたいとはいえ、所詮私もちっぽけな一人の人間ですから…

(∀ ̄;)(; ̄∀)ォロォロw

 

強烈な太陽に照らされ、地上を日差しから守るために踏ん張ったこともありました。

 

守りきれず蒸発しそうになったことも、強風に煽られ思いも寄らない所に吹き飛ばされたこともありました。

 

暖かい風にのり、幸せな景色にたどり着き、佇んでいたこともありました。

 

辛いことや楽しいこと、辛いことや嬉しいこと、ホントいろいろありました。

 

あり過ぎるくらいありましたが…

 

その雲みたいな生き方、嫌いじゃないんですよね。

 

そして決めているんです。これからもそう生きると。

 

幾多の出会いや経験から学ばせていただいたので、ここからはしっかりと気流を読み、向かう先にどんな景色があるのかイメージしながら、楽しいことやメリットを見定めて流れに乗っていきます。

 

そして、誰かが生み出した流れに身をまかせるばかりでなく、これからは自らも小さなことからでも「流れ」を生み出せる存在になります。

 

流れを作り出す楽しさを教えてくれた出会いがあったから。

 

人はひとりじゃ変われない。全ての出会いに今日も感謝を忘れずに。