· 

「岡 秀年」という無様なヒーロー

昨晩は毎週金曜恒例の珈琲屋 夢(ろまん)のオープンマイクに通い詰めていたんですが、今日ばかりはお休みしてライブハウス Galliverで行われた

 

「岡 秀年 凱旋ライブ」

 

に行ってきました( ´∀`)

 

誰?って人もまだまだいると思いますが、地元四日市出身で全国をギターと自分の名前をデカデカと書いた幟を掲げて、ライブ活動している、熱く、そして暑苦しいオトコなんですw



イロモノではなく”本物”!?

まだまだ「知るひとぞ知る」的存在ではあると思いますが、最近この岡氏の活動が徐々に日の目を見つつあるようなんです。

 

初見ではみなさん、ほぼ”イロモノ”と思われがちですが(実は私もそうでしたw)、楽曲をちゃんと聴くとコンセプトやポリシーみたいなのがビンビン感じられるものばかり。

 

「人生の応援歌を歌い続ける」

 

これが彼の音楽活動における一番のポリシー。

 

どうやらこれに世間が気付き始めたようです。

岡 秀年 オフィシャルWEB

http://okahidetoshi.com



無様なヒーロー

先日、「村上マヨネーズ」という番組(私はテレビを見ない人なんであんま知らんですが…w)の企画で、ストリートミュージシャンたちが、ブラックマヨネーズの吉田さんの恋話をネタに、オリジナル曲を作る選手権で…

 

見事優勝したそうな( ´∀`)

 

 

しかーし!

 

彼の地元であるこの東海地区では、放映の予定がないというとてつもなく残念なオチがあるのですが…(;;;;;°∇°)w

 

まぁ、そこはそれ、いい時代ですよ。

 

他の地方の岡秀年ファンの方がアップしたYouTube動画で先日拝見しました。(いや、これいいのかどうかはさておき…(^_^;)w)

 

いい唄♪

 

正直、歌のクオリティは他のアーティストさんの方が高いのたくさんいたと思うのですが、選ばれた理由は私にもわかる気がします。

 

奴はいつもカッコつけないんです。

 

いつも度直球に歌詞を曲に乗せて、必死にとにかく我武者羅に聴くものの心に投げつけてくるんです!

 

先日観に行かせてもらって感銘を受けた「中川商事」さんとはまた違った魅力があり、ほんとなんていうんでしょ?

 

無骨

「礼儀作法をわきまえない。洗練されていない。」

 

この一言がすごくいい意味で似合うオトコなんです。

 

なかなかいないです。

 

見る側も演奏する側も、ミュージシャンってたぶん

 

”カッコイイ・キレイ”

 

っていうイメージを追いかけがちですが

 

彼のスタイルは真逆。

 

でも観てて聴いてて不快じゃない。

 

自分の中の恥ずかしさや自信の無さやプレッシャーや、いろんなものと戦ってて、時に照れ隠しでおしゃべりが止まらなくなったり、時にエキサイトして般若のような形相で叫びまわったりw

 

でも、観てて聴いてて嫌じゃない。

 

むしろもっと聴いていたくなるような魅力があるんです。

(少なくとも私にはw)

 

今回優勝した楽曲「無様なヒーロー」は確かにお題に見事にマッチした構成・内容でしたが、むしろこれ彼自身の姿を歌った曲にも聞こえました。

 

これがキッカケで活動が進展していき、もっともっと全国のたくさんの人に岡秀年の存在を知ってもらえたら、同郷の人間としてホント嬉しく思います!